Leap

ーー


例えば雨の日に気持ちが沈むと言われていたとして、

じゃあ晴れの日はみんな無条件に元気なのか。


もしかするとその眩しさに目を瞑ってしまう人もいるかもしれないし、

雨の日のなんとも表現し難い落ち着きに、心救われている人がいるかもしれない。

世の中には正解不正解の表や裏で答えが出ないことがたくさんある。

ーー


過去の自分だってそういうものなんだと思う。

あの時の失敗や後悔が、いつもなんだか胸の中をちくりと刺す。

でもそのことって自分だけが心の中で、

いつまでもいつまでも呪文の様に悔やんでいて。

何をしなくても明日がやってくる様に、

もういいじゃんと、空がそんな私も含めて生かしてくれているのかなと思ったら、

とってもとっても日々が愛おしくなった。

ーー


スマートフォンを触れば、海の向こうの情報がやってきて。

ということは、海の向こうの誰かがいつか私を見つけてくれる。


言葉を一つ変えるだけで、

言葉の意味が変わる様に、

何か一つ踏み出すだけで、

世界の意味が変わるかもしれない。


ーー


この曲は、

取り留めのない私が素直に思ったことを綴った日記。

取り留めのない誰かの明日になれるといいね。

ーー



Leap / Ryo Yoshinaga

Lyrics by Ryo Yoshinaga , Music by Ryo Yoshinaga, Yuki Hanabusa


窓の中に反射した
空しか見上げられないような
窮屈なこの場所には
さよならを告げてしまいたい

走り抜けるニュースたちが 本当のことを器用に隠すから
疑いに怯えるよりも
Leap up for Unknown World
飛んでみればいい

晴れの日が怖くても 雨の日を憂いても
朝は私に追いついてしまう
空に生かされてるということ
指先の感情だけで 海だって越えられる時代でしょ
胸に手を当てて聞いてみて 鼓動が響く
私は生かされている


何か一つ成し遂げて
だけどすぐに崩れ落ちてゆく
途方もない感情の渦
日々はきっとそれを繰り返す

両手で口を塞いでみても 呼吸を止めても
脈打つことは止められない
逃げも隠れもしない
一生に一度の
今を生きればいい

想像よりもだめな今日も
代わり映えのない明日でも
地球はメリーゴーランド待ってくれないよ
空に生かされてるということ
胸の中ちくり残る
罪悪感だってあなたでしょ
胸に手を当てて許してよ
自分を責めないで
誰もが生かされている


飛ばない飛びたい飛ぶの飛べない飛ぼう
言葉って簡単で
一つ変えてしまえばいい

心って私の手の中にあるのに
いつだって手に負えない
今日もまた

晴れの日が怖くても 雨の日を憂いても
朝は私に追いついてしまう
それが生きているということ
一歩だけその一歩でいい
海だって越えられる時代でしょ
胸に手を当て聞いてみて
Leap up for Tomorrow

飛び立つ時が来た



ーー


LISTEN

https://linkco.re/2mXbgN8m

Ryo Yoshinaga Official Web

ーSingerー ーSingersong Writerー ーChorusー

0コメント

  • 1000 / 1000